「ほっ」と。キャンペーン

車の査定はどのような基準で価格をつけているか

査定の際、車の価格決定はどのような基準で行われているか。
車の売却を考えている人にとっては、とても興味深いことですよね。

基準がわかれば対策ができるのに・・・
なんて思っている方も少なからずいるはずです。

一般的に言われている、車の価値を決定する基準としては、

・走行距離数
・年式
・車種

この3つが重要ですね。

走行距離は車の使用劣化を見極める指標。
年式は車の経年劣化を見極める指標。
そして車種は市場の需要をから価値を決める指標。
となります。

一般的に上記のような指標で車の価格が決定されるといわれています。
これはあながち間違いではありません。

実際の査定では、買取業者があなたの車をくまなく検査しているようにも見えますが、
あれは車を評価しているのではなく、
重大な欠陥がないかを確認しているに過ぎません。

実は、事前に買取価格なんて決定しているのです。

査定の前に上司から、いくらまでなら出してもいい。
というのが査定担当に通達されます。
その通達された額が、事実上の限界額で、それ以上はどうやっても上げることが
できません。

そして、その通達された額よりも安く買い取れば安く買い取るほど、
その査定担当にインセティブとして報酬が入るのです。

ですのでどこの査定担当も交渉に必死になって、
安く買い取ろうとしてくれるのです。

なので、事前の対策もくそもありません。
価格はすでに決定されていたのです。

車種別や地域別の車買取サイトもあります。掲載しておくので、ご覧ください。
仙台 車買取
オデッセイ 買取
[PR]
by butagoyah | 2013-10-10 01:47